高脂血症

高脂血症を簡単に言うと、血液中に余分な脂肪が含まれる量が異常に多い状態のことをいい、2000万人以上の人が罹っていると言われるほど身近な病気です。

サイトトップ > 高脂血症の治療薬

スポンサードリンク

高脂血症

高脂血症の治療薬


高脂血症の治療は、まず食事の見直しを行なう食事療法からスタートします。運動療法も併用して行ない、生活習慣を改め高脂血症の症状の改善を目指します。しかし、食事療法、運動療法を3ヶ月程度継続して行なっても効果が現れない場合、次のステップとして高脂血症を改善する薬を使った薬物療法が選択されます。


高脂血症の治療に使われる薬は、コレステロールが高いのか、中性脂肪が高いのかによって使い分けられます。コレステロールが高い高脂血症の場合は、HMG−CoA還元酵素阻害薬、陰イオン交換樹脂、プロブコールという種類の薬が選択され、リピトールやプラバチン、メバロチンという内服薬が投与されます。また、中性脂肪の数値が高い高脂血症の場合には、フィブラート系製剤、ニコチン酸製剤という種類の薬が選択され、ベザトールやナトリス、ユベラニコチネートなどの内服薬が処方されます。


高脂血症の治療は食事療法から薬物療法へと進んでいくのが一般的ですが、もうすでに動脈硬化が進行していたり、肥満の程度によっては薬物療法が第一に選択されることもあります。医師から処方された薬をきちんと飲み、食事療法、運動療法を続けていれば、高脂血症の症状は改善されていきます。高脂血症の症状が改善すると、動脈硬化や心筋梗塞になる危険性も低くなります。


高脂血症

MENU



スポンサードリンク