高脂血症

高脂血症を簡単に言うと、血液中に余分な脂肪が含まれる量が異常に多い状態のことをいい、2000万人以上の人が罹っていると言われるほど身近な病気です。

サイトトップ > 高脂血症の種類

スポンサードリンク

高脂血症

高脂血症の種類


高脂血症は自覚症状が出にくい病気ですが、検診で引っかかっても自覚症状もないからと放っておくと、さまざまな合併症を引き起こし、心筋梗塞や動脈硬化などの発症のリスクも高まります。死亡の原因ともなる心筋梗塞や脳梗塞、動脈硬化を引き起こす高脂血症の治療として最も有効なものは、食事療法になります。


高脂血症という病気にはいくつかの種類があり、12時間以上食事を摂らずに血液検査を行なうことで判別することができます。血中の総コレステロール、LDLコレステロール(悪玉コレステトール)、HDLコレステロール(善玉コレステロール)、中性脂肪を測定し、それらの血清脂質の数値を見てどのタイプの高脂血症であるのかを診断します。


総コレステロールが220mg/dl以上、LDLコレステロールが140mg/dl以上の場合は、高脂血症の中でも高コレステロール血症と呼ばれます。その他の高脂血症として、血清トリグリセライド値が150mg/dl以上のものを高トリグリセライド血症、HDLコレステロールが40mg/dl未満のものを低HDL血症といいます。


高脂血症の種類によって食事療法の行ない方が変わってきますが、中性脂肪を増やす元となる糖質の摂取を控えたり、コレステロールの多い食事を控えたり、運動を行なうことは3つの高脂血症の治療法として共通しています。


高脂血症

MENU



スポンサードリンク