高脂血症

高脂血症を簡単に言うと、血液中に余分な脂肪が含まれる量が異常に多い状態のことをいい、2000万人以上の人が罹っていると言われるほど身近な病気です。

サイトトップ > 高脂血症とは

スポンサードリンク

高脂血症

高脂血症とは


高脂血症と言う病気をご存知でしょうか。高脂血症や糖尿病、肥満や高血圧などはメタボリックシンドロームの原因となることが知られており、メタボ検診も受けなければいけないということになったので、これらの病気に対する認識はグンと上がっているでしょう。


高脂血症を簡単に言うと、血液中に余分な脂肪が含まれる量が異常に多い状態のことをいい、2000万人以上の人が罹っていると言われるほど身近な病気です。血液中の脂質のコレステロール(LDL,HDL)、中性脂肪やリン脂質の内のどれかが基準値を上回る高い数値を示していれば、高脂血症という病名が付けられることになります。


高脂血症になってしまうと、ただ血液中の脂肪分が多くなるだけではなく、血管の詰まりから動脈硬化を引き起こしたり、生活習慣病を呼び寄せることになります。高脂血症は、好き嫌いが多く偏った生活で、運動もせず肥満気味で、アルコールの摂取量も多い人がかかりやすい病気だと言われています。


もし、これらに当てはまる生活を長年続けているなら、もしかするともう高脂血症になっているか、高脂血症予備軍となっているかもしれません。高脂血症だけにかかわらず、健康であるためにはバランスよい食事、適度な運動、規則正しい生活を心がける必要があるでしょう。


高脂血症

MENU



スポンサードリンク